県立と私立高校の学費の比較

こちらでは文部科学省「平成30年度子供の学費調査」の数値をもとに県立と私立高校でかかる学費を比較しております。全国のデータなので、福島県の実数値とは異なる点もあるかと思います。

 

下記の表はクリック(タップ)で拡大します。

県立私立ともに1年目が一番費用がかかります。3年間の費用合計は県立が約140万円私立が約290万円県立の約2倍となっています。

1年間の学費の平均は県立が約45万円私立が95万円となります。学校教育費と学校外活動費ともに私立の金額が県立を上回っていますが、特に学校教育費の差が大きいです。


2020年4月~私立高校授業料実質無料化

1年間にかかる学校教育費は県立が約28万円私立が約72万円で、その差は約44万円となっています。特に授業料と学校納付金等での差が目立ちます。

こちらの表は2020年4月~の「国の就学支援金」制度が最大限適用された場合授業料を0円、福島市で県立と私立で通学費に差がないものとして通学関係費0円として計算し直したものになります。

この条件では1年間の学校教育費の平均の差が約20万円まで縮まります。


1年間の学校外活動費は県立が約18万円私立が約25万円で、私立が1年間で約8万円多くかかっております。ただし、学校外活動費(特に家庭教師や学習塾費など)は各ご家庭の金額のかけ方次第で大きく変わります。


 2020年4月~の「私立高校授業料の実質無料化」により、以前よりも私立高校と県立高校の学費の差は縮まっております。しかし、この制度が満額で適用されるのが目安世帯年収590万円以下のご家庭です。また授業料以外でも私立高校の方がより費用がかかります。そう考えると、まだまだ福島においては県立高校を第一志望とする方が多いのではないでしょうか。

 

TERAKOYAぐろーぶでは、保護者の皆様の金銭的なご負担を少しでも抑えながら、第一志望校である県立高校合格を目標にしております。一般的な学習塾さんの週2回程度の料金で、短時間でも平日毎日コツコツ繰り返し学習して定着を図ります。