保護者の皆様へ

はじめまして

一般社団法人TERAKOYAぐろーぶ代表理事の小林豊です。この度は私どものホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

保護者の皆様におかれましては、「自分の子どもには将来幸せになって欲しい、そのために少しでも子どもに合う、よりよい教育環境で学ばせてあげたい」きっとその強い想いを胸に、日々働き、お子さんに接し、今こちらをお読みになっているのではないでしょうか。

 

私はこれまで大手の学習塾で集団や個別指導の講師、そして教室責任者として、多くの子どもたちの成長に携わってきました。その過程で「子どものために本当はもっと塾へ通わせて、授業を受けさせてあげたいんですけど…」と保護者様が仰るたびに、歯痒い思いをしてまいりました。

 

所得や地域によって受けられる教育の差が広がる「教育格差と所得格差」「少子高齢化」「希薄化する地域や人とのつながり」など、日本は様々な社会課題に直面しています。今後ますます機械化やグローバル化が進む中、単純作業となる仕事は機械や人口増加の著しい途上国へと取って代わられる流れに飲み込まれていくとも言われております。

 

そういった変化の激しい時代を生き抜くには「自ら課題を見つけ解決する力」「その人にしかできないこと」を磨いていかなければなりません。さらに語学力はもちろんのこと、国籍や国境を越えて他者と協力して「1つのことを成し遂げられる力」も、ますます重要になってくることでしょう。

 

私たち大人が未来を担う子どもたちのためにできることは「知識を詰め込み、決められた正解を導き出す」という一方的な「教育」ではなく、仲間や地域社会との関わりの中で実生活に必要なことを共に学び育ち、地域で子どもを共に支え育てる「共育」の場を増やすことなのではないでしょうか。

 

今はまだ若葉のような子どもたち一人ひとりを受け止め、仲間や地域社会に支えられながら共に学び、わくわく・いきいきと輝ける放課後をつくりたい。そして保護者の皆様、特に女性が安心して働ける社会を応援したい。その実現を目指してTERAKOYAぐろーぶは、これからも尽力してまいります。

 

一般社団法人TERAKOYAぐろーぶ

代表理事 小林 豊