小学1年生~中学3年生の生徒と保護者の皆さまへ 

TERAKOYAぐろーぶは学習塾と放課後教室を一体化させた新しいスタイルの学びの場です



ロボットプログラミング講座スタート!

4月よりロボットプログラミング講座「もののしくみ研究室」を開講いたします!

現在、無料の体験講座&説明会を受け付けております。ご興味がございましたら、ぜひお問い合わせください!ご連絡お待ちしております。


聞きながら読書

TERAKOYAぐろーぶでは全ての教科の学習の土台である「読む力(読解力)」をお子さまに身に付けていただくために、プロのナレーターの朗読を聞きながら読書する「わくわく文庫」を導入しております。耳から朗読が聞こえてくるので、読書に慣れていないお子さま低学年のお子さまにもどんどん読み進めていただけております。 

 


2学期の学習

学期は一年の中で一番期間が長いため、学習する内容が1学期よりも難しくなります。中学3年生は高校受験に向けて1,2年生の学習内容の復習と3年生で学習する内容をバランスよく学習する必要があります。また、1,2年生も2学期の学習によって差が大きく広がる時期ですので、注意が必要です。お子様の学習でお悩みでしたら、ぜひ当教室までご相談くださいませ。

 


中学生の新教研もぎテストの受験について

次回の新教研もぎテストは中学3年生が対象のテストとなります。受験学年の3年生は現段階で、苦手な分野がどの分野なのか、志望校とのギャップがどの程度なのかなど、知っておくことが必要です。この機会にぜひテストを受けてみましょう。

 

次回の新教研もぎテストは9月8日(土)の予定です。

対象は中学3年生です。

申し込みの締め切りは9月3日(月)となっております。

 

書店で申込をするよりも当教室で安く受験できます。(\2,900)

現在、当教室に通っていない方でもお申込み可能となっております。

お気軽にお問い合わせください。

 




シーンとはりつめた教室の間仕切られた机で黙々と鉛筆をはしらせる・・・ 

これが従来の個別指導塾に対して皆様がお持ちの一般的なイメージではないでしょうか。

 

一人で集中して勉強できるお子さまであれば問題ありませんが、勉強が苦手なお子さまにとっては息がつまって集中力が続きにくく、無音状態の環境で学習するよりも、かえって多少の雑音がある所で学習した方が効果的な場合があります。

 

最近「リビング学習」というものが注目を集めていますが、身近に家族がいることで子どもも安心してリラックスして勉強できる、適度な雑音のなかで勉強することで集中力が身に付く、人目に触れる場所で親子のコミュニケーションがとりやすいなど、積極的にリビング学習を取り入れているご家庭も増えています。

 

実際、成績優秀な生徒に聞いてみるとリビングで勉強しているケースが多いそうで、東大生の合格者の半数がリビングで勉強していたというアンケート結果も出ているそうです。

 

TERAKOYAぐろーぶでは、従来の個別指導塾とは一線を画し、まるで自宅のリビングにいるかのような学習しやす環境づくりに力を入れております。「ただいま!」と帰ってきて、リラックスしながらリビングで宿題に取り組む、分からないことがあれば、すぐにその場で親と一緒に見直す、そんな感覚に近い、アットホームな教室を目指しております。

てらこやぐろーぶ ぐろうぶ グローブ 寺子屋 学童 森合 



 「楽しみながらの勉強」経験されたことがありますか?

 

問題集もそろえて、塾にも通って、一生懸命勉強しているのに成果がでない・・・

よくありがちなことですが、今までの問題集やテキストの書き方は、文字ばかりで読みにくいし、覚えにくいと感じたことはありせんか?

 

読んでるうちに疲れて飽きてしまって、どうしても勉強が続かず、ストレスを感じながら嫌々勉強したとしても、なかなか成果は上がりません。

 

一方、勉強が苦手なお子さまでも、ゲームやアニメのキャラクターなら、たくさん覚えてしまうことがありますよね?「勉強もそんなふうにできたらいいのになぁ」と思ったことがある方も多いはずです。

 

TERAKOYAぐろーぶで採用している「Eドリル」は、全国の学習塾学習している最先端の教材です。

 

「Eドリル」は、インターネット環境とパソコン、タブレット、スマートホンさえあれば、いつでも・どこでも学習を進めることができますので、教室でも、ご自宅でも、一人ひとりの学力やペースに合わせて繰り返し反復学習を行うことで、お子さまの学習習慣を定着させることができます。

 

また「わくわく文庫」ではプロのナレーターの朗読を聞きながら実際の本を手に読書します。そのため文字が読めない、または本を読むのが苦手なお子さまでも楽しんで読み進めることができます。読書速度も0.5倍速から10倍速まで変更可能なため、お子さまにとって一番聞きやすい速度で読むことができます。慣れてきたら少しずつ速度を上げることで、無理なく自然にお子さまの読書速度を上げることができます。

 

TERAKOYAぐろーぶでは全ての学習の土台となる読解力をつけるために聞きながら読書する「わくわく文庫」音読学習重視しております。

 

思わず手が伸びてしまう「楽しい」「最先端」の次世代型学習システムを、ぜひ一度ご体験ください。

 



 

 

夫婦共働きで子どもを預けたいけど、安心して預けられる場所が身近にない・・・

毎日おじいちゃん・おばあちゃんに預かってもらってばかりなのも申し訳ない・・・

せめて放課後から18時ごろまで預かってもらえたら仕事帰りに迎えに行けるのに・・・

 

そんなお悩みをお持ちの共働き世帯の保護者の皆様も、ますます増えているのではないでしょうか。

 

保育園・幼稚園の待機児童問題とならんで、全国的にも深刻化している「小学生の放課後」の問題。市など行政の運営する学童クラブは、利用料は割安だけど、対応施設や職員が少ない、宿題をこなして、おやつを出すことが主な日課になりがちで、活動内容が単調でつまらない、小学校高学年になると入れないなどの問題があがっている一方で、民間の運営する学童クラブは、活動内容やサポートは充実しているものの、利用料が高額で、そこまでは負担しきれない、などなど、保護者の皆様の悩みの種は多いのが現状です。

 

TERAKOYAぐろーぶでは、学習塾の延長で放課後教室的な役割も担うことで、小学生の放課後問題という社会課題に立ち向かいます。

 

「Eドリル」や「わくわく文庫」を使った「楽しい」「最先端」の次世代型学習システムと、決められたテーマについて調べてパソコンを使って発表したり、季節の行事やイベントをみんなで相談して企画運営してみたり、昔遊びや料理、植物や農作物の栽培、ボランティア活動をしたりなど、様々な学びの体験活動を組み合わせた放課後プログラムを提供することで、福島の明日を担う子どもたちの主体性や社会性・生きる力を育む「家でも学校でもない第3の学び舎づくり(寺子屋)」を目指します。

 

子どもたちが仲間や地域と共に学び育ち、わくわく&いきいき輝ける放課後をつくりたい!そして女性が安心して働ける社会を応援したい!それがTERAKOYAぐろーぶの願いです。

 


とりあえず塾には通ってるけど、子どもが普段どんな様子で、どんな内容の勉強をしているのかわからない・・・ そんなお悩みをお持ちの保護者の皆様も多いのではないでしょうか。

 

TERAKOYAぐろーぶでは、保護者の皆様との「つながり」を大切にしています。
お子さまが学習した内容、教室内で起こった出来事などを、教室長から保護者の皆様へ定期的にメールでご報告いたします。


 保護者の皆様にも、お子さまの学習状況を把握していただくことで、スムーズに連携がとれ、学力向上につながります。「とりあえず塾に通っているから大丈夫!」ではなく、
「こんな内容で学習しているなら大丈夫!!」と、保護者の皆様に心の底からご納得いただけるよう、しっかりと信頼関係を築いていきます。

 

また、ご家庭での学習習慣を身につけ、学習量を増やすことも、学力向上の重要なポイントです。当教室では、保護者の皆様との連携を密にとり、お子さまの家庭学習の内容もしっかり把握しながら、サポートをいたします。


もちろんメールへの返信は不要ですし、必要のない方にはメールをお送りしませんのでご安心ください。



 

【個別指導塾=月謝が高い】というイメージはございませんか?
それならグループ指導制の塾に行こう・・・  しかし、グループ指導制の塾では一人ひとりの学力に合わせて授業を行うことは難しく、結局は学力がなかなか上がらず個別指導塾に通い直すケースも多いようです。

 

TERAKOYAぐろーぶは、一人ひとりに合わせた完全オーダーメイド式の個別指導塾ですが、福島の明日を担う子どもたちの未来を願い、安心の料金設定を実現いたしました。高い教材費や年会費なども一切いただいておりません。

 

さらに定額での「通い放題プラン」を設けることで、座席に空きさえあれば、月に何日通っても、1日に何時間勉強しても授業料は変わりません。これまで部活や習い事などで塾に通う都合がつきにくかったお子さまにも、自分のペースに合わせて学習いただけます。1日900円~通い放題&学び放題です!夏休みや冬休み中も同一料金で通い放題です。

 

これからもTERAKOYAぐろーぶは、夢を追い続ける子どもたちを応援し続けます。

 


     お問い合わせ

024-502-8121